地域情報コミュニティチャンネル

まほろば 歴史の扉(15分)

まほろば~歴史の扉~

「まほろば」とは、すばらしい場所、美しい場所という意味の古語です。地域の「まほろば」とその歴史を紹介し、今記録しておかなければならないこと、後世に伝えたいことをコンセプトに今の町の姿を見つめながら、先人の営みを知る番組です。(15分番組)



~コミュニティチャンネルの番組ついてのご意見・お問い合わせ~


コミュニティチャンネルの各番組へのご意見・取材希望などは下記フォームへご投稿ください。

※頂戴しました内容は、今後の番組編成や番組内容の充実に活用させていただきますが、必ず採用させていただくものではありません。ご了承ください。
※ダビング等のご依頼は受け付けておりません。
※お問い合わせの内容によっては、お答えできない場合や、回答に時間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。
※CNSからの回答は、お客様宛てのものであり、内容を転用、二次使用することは固くお断りいたします。
※いただいたご意見等は、当ホームページなどでご紹介させていただくことがありますのでご了承ください。


コミュニティチャンネルに関するご意見・ご感想・ご要望はこちら
※CTYの投稿フォームに移動します。


番組出演依頼・取材依頼はこちら

放送時間・チャンネル

地上デジタル121ch [毎月16日~末日放送]
月 12:30~/23:15~
火 13:00~/23:45~
水 14:45~
木 21:45~
金 22:15~
土 23:15~
日 13:00~/23:45~



■地上デジタル121ch 番組表はこちら■

放送内容

2019年8月号「戦場は語る 千草陸軍演習場・廠舎跡」
千草陸軍演習場は、明治43年から終戦まで35年間にわたって、
旧千草村におかれた陸軍の演習場です。
演習場の規模と活動内容などを、写真資料と証言からお伝えします。
2019年7月号「信仰の形3 庶民のあこがれ 伊勢参り」
江戸時代の人々にとって、伊勢参りは大きな憧れでした。
おかげ参りといわれる集団参詣は、ほぼ60年周期で起こりました。
なぜ伊勢信仰がひろがったのか、またどのように旅をしたのかを
探ります。
2019年6月号「信仰の形2 円空が行く」
江戸時代前期に生きた円空は行く先々で木彫りの仏像を彫り、残しました。
いなべ市、菰野町、鈴鹿市にも残されています。
円空の足跡をたどりながら、常に庶民と同じ地平に立っていた円空の祈りの形を探ります。
2019年5月号「信仰の形1 藤原実重の願い」
信仰の形は時代ごとに移り変わってきました。
鎌倉時代初期に生きた藤原実重は、
現世の安穏と極楽往生を祈って阿弥陀如来像を寄進し、
その胎内に願文や日誌・写経などを納めました。
実重の日誌から中世における信仰の形を探ります。
2019年4月号「近代産業の祖 第五世伊藤小左衛門」
幕末に製糸業を始めた四郷の伊藤小左衛門は良質の生糸を産み出すことに成功し、明治期には海外に輸出するまでになりました。
今年は小左衛門生誕200年にあたります。近代産業の祖といわれた伊藤小左衛門を紹介します。