地域情報コミュニティチャンネル

日本百菓の旅(15分)

全国各地にあまくておいしいお菓子がたくさんあります。
お菓子は文化、「あまい」というのは「美味しい」ということ。
日本全国のあまいお菓子を訪ねる旅です。




~コミュニティチャンネルの番組ついてのご意見・お問い合わせ~


コミュニティチャンネルの各番組へのご意見・取材希望などは下記フォームへご投稿ください。

※頂戴しました内容は、今後の番組編成や番組内容の充実に活用させていただきますが、必ず採用させていただくものではありません。ご了承ください。
※ダビング等のご依頼は受け付けておりません。
※お問い合わせの内容によっては、お答えできない場合や、回答に時間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。
※CNSからの回答は、お客様宛てのものであり、内容を転用、二次使用することは固くお断りいたします。
※いただいたご意見等は、当ホームページなどでご紹介させていただくことがありますのでご了承ください。


コミュニティチャンネルに関するご意見・ご感想・ご要望はこちら
※CTYの投稿フォームに移動します。


番組出演依頼・取材依頼はこちら

放送時間・チャンネル

地上デジタル121ch 月 22:00~
火 23:45~ ※1~15日のみ
水 14:45~ ※1~15日のみ
日 14:00~

放送内容

2019年11月号かつて、伊勢神宮へ向かう人々で賑わいをみせた伊勢街道。
街道が通る三重県鈴鹿市白子周辺で、400年以上親しまれているお菓子が「小原木」です。
時代を超えて愛され続ける「小原木」の魅力を紐解きます。
2019年10月号愛知県知立市の名物「あんまき」
茶色のパンケーキ生地で小豆のつぶあんをくるっと巻いたその姿は、ちょっぴり地味な印象!?
そんな素朴なお菓子が知立という地で生まれ、愛され続ける理由を過去・現在・そして未来の視点からひも解きます。
2019年9月号「平戸と百菓之図」
長崎県の北西に位置する平戸には、ポルトガル船の来航によって日本の中でも早い時期に砂糖が伝来し、砂糖を使った菓子文化が根付きました。平戸を治めていた松浦家のお殿様は、まちの菓子屋に百種類のお菓子を作らせ、それを「百菓之図」という美しい絵図にしました。砂糖伝来の地、平戸とお菓子の歴史を紐解きます。
2019年8月号「伊勢市 餅菓子」
三重県伊勢市の伊勢神宮へと繋がる参宮街道では、
参拝者に古くから親しまれている餅菓子があります。
伊勢参りの歴史を紐解きながら参宮街道の餅菓子の魅力に迫ります。
2019年7月号「銘菓 しほ所」
塩のまち坂出として発展した歴史を今に伝えているのが、創業明治26年の
増田ニコニコ庵の銘菓「しほ所」。市民に愛される銘菓を通じて、
今では瀬戸大橋が架かる四国の玄関口となった坂出市のまちの歴史を
紹介します。
2019年6月号「阿波和三盆」
200年もの間、自然の恵みを伝えてきた徳島の砂糖「阿波和三盆」。江戸時代から全国の和菓子屋で人気があった和三盆の魅力や歴史を紹介します。
2019年5月号「西明寺栗渋皮煮」
秋田県仙北市で栽培され、日本最大の栗ともいわれる「西明寺栗」をたっぷりの蜜でつけた甘味「渋皮煮」を紹介します。
2019年4月号「南蛮菓子 カスドース」
日本の中でも早い時期に砂糖が伝来し砂糖菓子文化が根付いた長崎県平戸の銘菓。
かつてはお殿様しか食べることを許されなかったお留め菓子でした。