CNSトップ > サポート・Q&Aトップ > OP25B(Outbound Port 25 Blocking)について

サポート・Q&A

CNSネットに関するサポート

OP25B(Outbound Port 25 Blocking)について

OP25Bの導入について

利用しているプロバイダのメールサーバを経由せずに、ウィルス感染メールや宣伝メール、フィッシングメールなどを、他のメールサーバへ大量に直接送信する迷惑メールが問題となっています。

このような方法で発信される迷惑メールの対策としてメール送信時に使われる25番ポートを特定条件下でブロックし発信を規制する「Outbound Port25 Blocking(以下、OP25B)」を導入する運びとなりました。

OP25Bの導入により、外部へのメール接続、および外部からCNSネットのメールアドレスを使用する際は25番ポートは使用できなくなります。

※OP25Bの導入には、日本国内の大手ISP、携帯電話会社等が参加しています。
・迷惑メール相談センター  ISPによるOP25Bの実施状況実施結果
・財団法人インターネット協会 有害情報対策ポータルサイト

CNSネットユーザーへの影響について

OP25B導入にあたり影響を受けないお客様
  • CNSネット回線で接続しCNSネットのメールサーバー(mail.mecha.ne.jp)からメールを送信されているお客様
  • グローバルアドレス(固定)の追加オプションサービスをご利用のお客様
  • ビジネスコースの固定IPサービスをご利用のお客様
  • Gmail、Yahoo!メール、hotmail等のWebメールをご利用のお客様

これらの方は設定の変更の必要はございません。

OP25B導入にあたり影響を受けるお客様
  • 会社や学校、他社プロバイダ、レンタルサーバーなど外部のメールサーバーを使用してメールを送信しているお客様
  • CNSネット以外のネットワークで接続し、CNSネットのメールサーバーを使用してメールを送信しているお客様

対処方法について

CNSネットの接続で他社プロバイダのメールサーバや学校・会社などのメールサーバなどを利用してメール送受信を行う場合、一部メールソフトの設定変更が必要となります。

ご利用の送信メールサーバーがサブミッションポート(587番ポート)に対応しているかどうかを、メールサービスの提供元のプロバイダにお問合せください。

対処方法

外部メールサーバーをご利用のお客様
ご利用の外部メールサーバーがサブミッションポート(587番ポート)に対応していない場合

CNSネットのメールサーバーを送信に使用するように変更してください。

ご利用の外部メールサーバーがサブミッションポート(587番ポート)に対応している場合
CNSネット以外のネットワークから、CNSネットのメールサーバーを使用されているお客様
接続先ネットワークがサブミッションポート(587番ポート)を利用可能にしていない場合

送信メールサーバーを接続先ネットワークが提供しているものに変更してください。

接続先ネットワークがサブミッションポート(587番ポート)を利用可能にしている場合

設定を一部変更する必要がございます。

新規加入のお申込み・サービス変更のお申込み 新規加入のお申込み サービス変更のお申込み
お問い合わせ・お申し込みはお気軽にどうぞ!! フリーダイヤル 0120-173734 電話受付 月~土 9:00~18:00