お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-173734

CNSネット

有害サイトブロックサービス

有害サイトブロックサービス「i-フィルター」

i-フィルター for プロバイダー(日本PTA全国協議会推奨商品)

ほんとに見せても大丈夫?

イラスト:ほんとに見せても大丈夫?

インターネットには、不特定多数の人が匿名で利用できるという側面があります。

保護者の方が特に気になるのは、ここから派生するさまざまなトラブル、危険性です。たとえば、こんなジャンルのホームページを、子どもたちが普通に閲覧できる環境を想像してみてください。アダルトサイト、犯罪・暴力・薬物に関するホームページ、誹謗中傷が飛び交うサイト、勧誘や洗脳を目的としたカルト系ホームページ・・・

イラスト:ほんとに見せても大丈夫?2

子どもたちに閲覧させるのが不安、あるいは不適切と考えられるサイトはインターネットの世界で、全体の約30%にも上るといわれています。

でも大丈夫

イラスト:でも大丈夫

「有害サイトがあるからインターネットを使わせたくない」・・・

でも、世界中には有害サイトだけでなく、楽しい情報がもりだくさん。「・・・見せたくないものだけをブロックすることはできないのかな?」

そ・こ・で、CNSの「有害サイトブロックサービス」。

「i-フィルター」ならこんなことができる

以下のフィルターを、ユーザーを限定してかけることができます。年齢やご家庭のポリシーに応じて設定を変えられます。

見せたくない種類のページだけを見られないようにする
アダルト情報、カルト、暴力、ショッピングなど、67のカテゴリを用意しています。選択するだけで、該当するページを遮断します。
これは見てもいいと思うページを常に見られるようにしておく
このカテゴリは見せたくないけど、このページだけは特別。という場合にご活用ください。指定したページがブラックリストに入っていても見ることができます。
このページだけみせたい、というページを限定指定できる
まだまだ自由にネットサーフィンは早い、という場合や、決められたページだけを見せたい場合に、各自で「限定で見られるページ」のリストが作れます。
インターネットを使える時間を制限する
時間割設定で、夜10時以降はインターネット禁止、などの設定ができます。
どんなカテゴリのサイトを見ていたのか確認できる
インターネットを自由に使っている間、子どもたちがどんなカテゴリのサイトを見ていたのか心配な場合、最近の閲覧履歴と閲覧をブロックした状況を確認できます。
設定をすべてパスワードで管理。管理者以外が勝手に解除できません
第三者が設定を変えたりフィルターを外そうとしても、全てパスワードによって保護されているので安心です。

ご利用方法

1利用規約のご確認
下記の『CNS 有害サイトブロックサービス 利用規約』を確認後、「利用規約に同意し申し込む」ボタンをクリックしてください。
2ユーザー情報登録
ユーザー情報登録を行います。
3ダウンロード
ユーザー登録完了後、ダウンロードページが表示されます。
※本サービスはWindows Vista(SP1)以上のパソコンでご利用いただけます。

ご注意

  • ※本サービスはWindows Vista(SP1)以上のパソコンでご利用いただけます。
  • ※「i-フィルター」の他のバージョンとともにインストールされますと、パソコンの動作に異常が発生する場合があります。ダウンロード前にパソコン内の既にインストール済みのプログラムをご確認ください。CNS版i-フィルタ(「i-フィルター forプロバイダー」)をダウンロード、インストールされる場合は、既にインストールされてあるi-フィルタは、事前にアンインストールしてください。

お申し込み

利用規約に同意し申し込む

Netflix

観るならCNS

詳しくはこちら